Startupbootcamp Scale Osaka

Applications Close in 8 DaysApply Now

Startupbootcampは、全世界のスタートアップと開催都市のパートナー企業との協業を支援することを目的とし、特定のテーマに特化した(業界特化型)アクセラレーションプログラムです。私たちは、それぞれの業界に適したメンターやパートナー、投資家のグローバルなネットワークを提供し、スタートアップの急速な事業拡大を促進します。

Startupbootcamp Scale Osakaは、日本で実施される初めてのプログラムで、今年度はSmart Cities & Livingをテーマにしています。

 

プログラムについて

Startupbootcamp Scale Osakaは、Smart CityやSmart Livingの分野で成長中の世界中のスタートアップが、世界第3位の経済大国である日本での事業展開や収益の拡大、多くの資金調達の機会を得るための、エクイティーフリーのイノベーションプログラムです。

シードファンドを終え、既にビジネスモデルを確立したスタートアップを対象としており、スタートアップの日本での事業拡大のために、営業活動、事業開発、日本や世界の大企業との協業を重点的に支援します。

第1回Startupbootcamp Scale Osakaでは、モビリティ、生活関連、健康と福祉、そして観光分野に力を入れています。特に、阪急電鉄、JR西日本、電通、さくらインターネット、JT、読売新聞、SMBC等パートナー企業との協業を通じて、スタートアップの収益拡大を目指します。

Startupbootcamp Scale Osaka プログラムは、3ヶ月間実施され、選抜された10社が参加できます。そのため、それぞれの企業に合ったサポートを提供することが可能です。
特定のイベントは現地で参加することを想定していますが、プログラム実施期間中、チーム自体が大阪に移転する必要はありません。
また、プログラムは英語で行われるため、チームのうち最低1人は英語力があることが必要となります。

スタートアップの創業者は、メンターや投資家に加えてStartupbootcamp Scale Osaka プログラムのパートナー企業と密接に連携します。これら業界トップクラスのパートナー企業は、広範囲なネットワークや資産を活かして、プログラムに参加するスタートアップ企業を連携する機会を探っています。

 

パートナーについて

  • 阪急電鉄は、日本の鉄道事業会社であり、阪急阪神ホールディングスグループの中核会社の1つです。 阪急阪神ホールディングスグループは、都市交通、不動産、エンターテイメント、情報通信技術、旅行、国際輸送、ホテルの7つのコアセグメントで事業を行っており、収益は約70億米ドルです。
  • 電通は、広告ネットワークにおいて世界でトップ5位の会社です。
  • JR西日本は、総資産が80億米ドル弱であり、輸送、不動産、小売、その他の事業に渡って様々な大規模な事業を展開しています。
  • 読売新聞は、世界最大の発行部数である日刊紙約800万部を発行する、世界有数の大手メディアグループです。
  • JTグループは現在、タバコ、医薬品、食品事業に従事しており、130か国以上で事業を展開しています。
  • さくらインターネットは、日本のWebサービスプロバイダーのスペシャリストであり、大容量のバックボーン、高速インターネットワーク、および高度な設備を備えたデータセンタービジネスを牽引しています。
  • SMBCは、国内および世界中に広範な実績を持つ日本最大の金融機関の1つです。

 

プログラムの最後には、限られたメンターや投資家、パートナーが出席するイベントがあります。プログラムに参加した企業は、イベント、パートナーサービス、継続的なサポートなどStartupbootcampのグローバルなアルムナイネットワークへ参加することができます。 このプログラムは、ジョシュア・フラネリーを中心に運営しています。彼は直近までSydney Startup Hubの統括として、オーストラリアそして南半球で最大のイノベーションハブを率いていました。また、スタートアップ向けの専門的なプログラムの構築と運営を8年間行ない、海外市場への進出も支援してきました。 2005年には、彼自身が起業家としてオーストラリアの教育×IT企業の日本進出を実現させ、 大阪でStudyLink株式会社のマネジングディレクターを3年間務めた経験も持ちます。

powered by Typeform

Key Focus Areas

Mobility

Health & Wellbeing

Tourism

Living

Timeline

  • May 30

    Applications open

  • Sep 01

    Applications close

  • Oct 15 - 16

    Selection Days

  • Nov 25

    Program begins

  • Feb 28

    Demo Day

Why join the program?

エクイティなし

他のアクセラレーションプログラムとは異なり、
Startupbootcamp Scale Osaka はエクイティを
求めません。このプログラムへの参加費は
無料のため、自身のエクイティは保持したまま、
日本市場への製品の販売と拡大に集中できます。

コーポレートパートナー

顧客、プロジェクト、パートナーシップを獲得し、
収益をより拡大するために、日本のスマートシティ
やスマートリビンング業界と密に協業します。

3ヶ月の
セミリモートプログラム

スケールアップステージの企業の事業開発を
サポートするために設計された、3か月の
プログラムです。このプログラムは大阪での
定期的なイベントと遠隔のサポートを通じて最大の
成長を導くために設計されています。

専門的な事業開発サポートと
特別講座

事業開発と販売に関する実践的なサポート。
専門家によるセッションと、マーケティング、
法律、資金調達、事業拡大を網羅する
カスタマイズされたワークショップ。厳選された
専門家とメンターによる、ハンズオンのサポート
と人材の紹介を受けることができます。

特典と割引

このプログラムは、Amazon、Cisco、F6Sのような
主要なテクノロジープロバイダーからの
500,000 USDの独占パートナー取引を提供します。

コワーキングスペース

プログラム期間中の3ヶ月間、チーム全員で大阪
のコワーキングスペースとデスクを使用できます。

地域および世界中の
アクセスネットワーク

40ヵ国以上のメンター、コーポレートパートナー、
金融業界の専門家、OBOGといった日本や
グローバルネットワークへのアクセス。

投資家へのアクセス

日本および世界中の最も活発な
ベンチャーキャピタリストや業界に投資している
企業への直接的なアクセス。

20以上の業界特化型プログラムの グローバルネットワークに所属

Startupbootcamp Scale Osakaは国際的なネットワークに属しており、世界中のスタートアップとスケールアップの強化と育成に焦点を当てています。 世界中で数多くの成功を収めているプログラムであり、Startupbootcamp Scale Osakaは日本における最初のプログラムとなります。      

応募締切は9月1日:

詳細情報の取得  応募 お問い合わせ

Location

The Startupbootcamp Scale Osaka の所在地は、大阪 梅田にある 会員制のスタートアップ支援オフィス 「GVH#5」であり、阪急梅田駅からアクセスのしやすい場所に位置しています。このエリアは日本の商業・流通・食の中心地として長い間栄えており、現在はビジネスが活発に行われているエリアでもあります。 市は、革新的なアイデアで世界に影響を与えている優れた起業家を多く輩出しています。 ウェブサイト | 地図

Startupbootcamp Scale Osaka Team

Joshua Flannery

Joshua Flannery

Managing Director
Meghan Bridges

Meghan Bridges

Marketing Director
Kazuki Nishigaki

Kazuki Nishigaki

Chief Operating Officer
Adam Claydon-Platt

Adam Claydon-Platt

Entrepreneur In Residence
Akiho Adachi

Akiho Adachi

Marketing Assistant
Menna Rabie

Menna Rabie

Lead Startup Scout
Abdelrahman Elaraby

Abdelrahman Elaraby

Startup Scout
Amir Hany

Amir Hany

Startup Scout

Questions about Startupbootcamp Scale Osaka?Contact us

Supported Locally by